尽きない肌悩み

shimi

年とともに肌悩みは増えていく一方です。
しみが気になり美白ケアにも力を入れなくてはいけません。
同時にしわが気になるとそちらのケアも必要となってきます。

 

まずはしみ対策

しみは紫外線の影響が大きいのですが、何も日焼けだけではありません。
知らず知らず浴びている生活紫外線の蓄積と言うのもあるのです。
5月頃~は日焼け止め効果のある化粧下地を使用するなど徹底的に紫外線対策をしましょう。
スキンケアとしては美白効果のあるシリーズを日々使用する事でしみを新たに作らない、既に出来てしまったしみは濃くしない…と言うケアが必要になってきます。

 

既に気になるしみは、専用の美容液等の集中ケアが効果的です。
肌の生まれ変わりと言うのは約1ヶ月かけて行われます。
肌の奥底で作られた新しい細胞が1ヶ月かけて表面まで押し上げられ新しい細胞が表面へ。
今まで表面にいた古い細胞は垢(アカ)となって剥がれ落ちます。
しみの部分は剥がれ落ちず黒いままの細胞が留まってしまった状態です。
なかなか頑固なので改善に時間はかかります。

そしてしわ対策

しわというのは、表情豊かな方が出来やすいと言われています。笑顔の多い人と言う事ですが、やはり老けて見えるので気になります。
肌の状態としては、段ボールを一度折りたたみ元に戻しても方がついてしまいボコボコが目立つと思います。
これと同じ現象が肌でおこっているのがしわです。
そもそも肌内部の弾力をつくる繊維の働きが滞っている事と、肌が硬いので段ボールの現象のように戻り難いというのもあります。
まず、弾力繊維の働きをアップさせるにはやはり専用機能の高いしわ対策用美容液がお勧めです。
肌の硬さはしっとり感のある化粧水などのスキンケアを使用し肌が常に潤っている状態をキープ出来るようにしましょう。

 

しみも、しわも、今までの積み重ねで出来てしまった物なので直ぐ目に見えて改善するわけではありません。
まずは、今の状態をキープしてからかの改善です。
焦らずケアする事で改善効果は得られます。

よく、結局使ったけど一緒…とスキンケアを替えてしまいがちですが先にお伝えしたように肌の生まれ変わりは1ヶ月かかります。この周期に合わせて少しずつ効果を実感出来ると思って下さい。
1ヶ月後は何も変化がないかもしれません。
変化が無いのはキープ出来ていると言うことです。
2ヶ月後は最近化粧乗りがいいかもと感じる位かもしれません。
これは、肌のキメが整い始めていると言う事ですし
キメが整い始めると言う事は肌の生まれ変わりが正常に行われていると言う事です。
このように改善効果は非常にゆっくりですが必ず実感できるので焦らずお悩み解決させていきましょう。

 

肌キレイlaboおすすめサイト:ちくびピンクにする方法|彼氏も満足のピンクちくびはこう作る!